2019.10.25EVENT

CEATEC JAPAN 2019に出展し、展示とプレゼンテーションを行いました

2019年10月15日(火)~18日(金) 幕張メッセにて開催された、あらゆる産業・業種による「CPS/IoT」と「共創」をテーマとした展示会『CEATEC JAPAN 2019』に出展し、商品の展示とプレゼンテーションを行いました。

CEATEC2019 公式Webサイトはこちら

今回は縁あって、中小企業世界発信プロジェクト推進協議会様にご協力いただき、『東京都ビジネスフロンティア』ブース内での出展でした。

中小企業世界発信プロジェクトのWEBサイトはこちら

展示会の出展内容

今回の展示会にあわせてGOOD DESIGN賞を受賞したポスターを用意し、よい仕事おこし賞でデビューした超音波モーターのデモ機と、自律性移動ロボットを展示しました。


実機に触れることができる展示内容であったため、導入の検討をしていただいているお客様にもご来場いただき、ピエゾソニックモーターの最大の特長である『圧電セラミックの動き』を視覚・触覚・聴覚を使って体験していただきました。

展示会のテーマから、自律性移動ロボットMightyへの関心も高く、今まで以上に専門的な質問を多くいただきましたが、そのやり取りの中で、今までは想像したこともなかった業界の方から、実用化に向けた具体的な相談をいただきました。

過去最速ペースでカタログが品切れ

とても運が良いことに、角地にブースをいただけたため、弊社の事を知らない、移動中のお客様にも足を止めてもらいやすく、多くの方に展示内容ご覧いただきました。 パンフレットは飛ぶように出て、過去の展示会の中ではおそらく、最高となる部数を配布しました。経験した事のないペースで在庫がなくなり、会期中に短納期での増刷をするという嬉しい経験もしました。

連日声がかれるくらいお客様にブースまでお越しいただきました。

出展社プレゼン

10月16日は13時より、特設ブースで出展社プレゼンを行いました。

最初、どのくらいの人が足を止めてくれるかドキドキしましたが、結果的には、大盛況で、多田も気持ちよく発表を行えました!

会場を見学して感じたこと

今回の展示会では、すでに製品化されている製品以上に、まだまだこれからという、新しい技術、 開発中の製品が数多く展示されていたように感じました。

二足歩行ロボットやアームロボットはいろいろな業種のブースで展示されており、ロボットが実際の生活や社会、サービスのいたるところに登場してくることを予感させてくれました。

何より、強く思ったことが、

デモ機の多くは3Dプリンタ―でつくったものが多いのですが、3Dプリンターの精度の飛躍的な向上を感じました。

多田が言うには「ラピッドプロトタイピングの波が来ています。」とのことです。

そして、見つけることができなかったのですが、噂では、Mightyに近いロボットもいたらしいです・・・

まとめ

今回の展示会ではメインブースのすぐ左、そして角地と言う、非常に素晴らしい場所で出展をすることができました。

中小企業世界発信プロジェクト推進協議会様には、会社紹介の動画を作ってもらったり、チラシ、パネルを作ってもらったり、プレスリリースの配信、Impress INTERNET Watchへの記事出稿の手配をしてもらったりと、本当にたくさんの協力をいただきました。

INTERNET Watchの取材記事はこちらから


中小企業世界発信プロジェクト推進協議会様、ありがとうございました。スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

  • 記事をシェア:

この記事を書いた人

福田 大輔

広報チームマネージャー

大学卒業後、製造業を主とした広告代理店へ入社。様々なモノづくりの現場とものづくり企業のプロモーションを経験した後、WEB広告を主な業務とする広告代理店へ転職。WEBマーケティングを学んだ後、当社へ参加。

CONTACT

CENTRAL OFFICE
地図アプリで見る

〒143-0013 東京都大田区大森南 4-6-15
テクノFRONT森ケ崎 505

AKIHABARA OFFICE
地図アプリで見る

〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
富士ソフト秋葉原ビル DMM.make 12F 2505

pagetop