2020.10.13EVENT

東京都ものづくりベンチャー育成事業(Tokyo Startup BEAMプロジェクト)に採択されました

この度、株式会社Piezo Sonicは東京都主催の支援事業「東京都ものづくりベンチャー育成事業(Tokyo Startup BEAMプロジェクト)」に採択されました。

今回の事業

PiezoSonicは体が不自由・老齢になっても、楽しい生活を送ることができるためのサポートシステムの構築および、人とロボットが共存する世界の実現を目指します。

「介助サービスロボット用の静かで高トルクな新型モータの試作開発」として、中空モータや従来よりもより高トルクのモータ開発に取り組みます。

これは、弊社のピエゾソニック モータをより多くの機器で採用していただくための重要な開発になります。

支援期間のあいだに、DMM.make AKIBA様、東京都産業技術研究所様にもご支援をいただき、サポートロボットへの実装を想定した実証実験まで実施する予定です。

東京都ものづくりベンチャー育成事業(Tokyo Startup BEAMプロジェクト)とは

都内製造業の出荷額等・付加価値額は減少傾向にあり、ものづくり産業は厳しい状況に直面しています。

今後都内ものづくり産業がより一層発展していくためには、新たな担い手となる優れたものづくりベンチャーを数多く育成する必要があります。

一方、創業間もないものづくりベンチャーは、アイディアやコアとなる技術はあるものの、アイディアを形にするための設備や資金、ノウハウが不足しており、企業が成長するまでに多くの時間と労力を要します。

そこで、近年、急速に成長している中国深セン市のものづくりのエコシステムを参考に、東京都と支援機関等が連携し、ものづくりベンチャーが短期間でアイデアを形にすることができ、技術指導や機器利用、資金調達等、段階に応じて必要な支援を受けながら短期間で成長できるようなエコシステムを東京都に構築するため、本事業を実施します。

(東京都報道発表資料より引用)

事業詳細はこちら

Tokyo Startup BEAMプロジェクト

東京都プレスリリース資料

2020年10月22日(木)16時には、Tokyo Startup BEAMプロジェクトのキックオフイベント(オンライン)が開催されます。参加無料となっておりますので、ぜひご覧ください。

イベントはこちらよりご覧いただけます。

株式会社Piezo Sonicについて

株式会社Piezo Sonicはファブレスのモータ・ロボットメーカです。
「ピエゾソニック モータ」を活⽤した、⼈にやさしいロボットの開発を⽬指しています。
創業者は超⾳波モータの開発、研究に24年以上携わっており、その経験を活かして⾼トルクで耐久性に優れた新型超⾳波モータとしてピエゾソニック モータを開発・製造・販売しています。

超⾳波モータの開発を通して獲得した機構設計、回路設計における⾼い技術により、モータの応⽤機器やIoTデバイス、ロボットの開発事業も⾏っています。中央⼤学と⼤⽥区の連携事業として進めている「搬送⽤⾃律移動ロボット」は、⽉⾯探査ロボットの技術を⼀般環境に適応させたものです。⾼い段差乗り越え能⼒を持ち、⼯場での⾃動搬送や、追従⾛⾏機能を利⽤した空港等での搬送⽀援を⽬的としています。

  • 記事をシェア:

この記事を書いた人

福田 大輔

広報チームマネージャー

大学卒業後、製造業を主とした広告代理店へ入社。様々なモノづくりの現場とものづくり企業のプロモーションを経験した後、WEB広告を主な業務とする広告代理店へ転職。WEBマーケティングを学んだ後、当社へ参加。

CATEGORIES

記事のカテゴリー

CONTACT

CENTRAL OFFICE
地図アプリで見る

〒143-0013 東京都大田区大森南 4-6-15
テクノFRONT森ケ崎 505

AKIHABARA OFFICE
地図アプリで見る

〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
富士ソフト秋葉原ビル DMM.make 12F 2505

pagetop