DMM.make モノづくりログのインタビューを受けました

BEFORE

AFTER

当社は開発コミュニティーの拠点として、DMM.make AKIBAに秋葉原オフィスを設けているのですが、そのことから、DMM.make様が運営しているWEBサイト『DMM.make モノづくりログ』よりインタビューを受けました。

DMM.makeモノづくりログ

インタビューの目的としては、DMM.make AKIBAを利用しているスタートアップの会員企業を紹介して、会員同士の交流を図るキッカケにすることと、DMM.make AKIBAの魅力を会員目線で発信することで、新たな利用者を獲得するというプロモーションです。

今回のインタビューでは、インタビュアーさんもライターさんもカメラマンさんも、モノづくりになじみのある方たちでしたので、当社の魅力をたくさん引き出してくれる、素敵な文章と写真を掲載してくれました。

-取材の裏側-

●インタビュー中

 

●撮影中

 

そして、このような形で8月30日、ついにインタビューが公開されました!

 

インタビュー内容は こちらよりご覧ください。

多田の今までの歩みや会社の設立動機、代表製品である超音波モータの特長、そして、これからのビジョンや、なぜDMM make AKIBAを利用しているのか? についてお話させていただきました。

 

ちなみに、当社が開発拠点の一つとしてDMM make AKIBAを選んでいる理由は、

・面白い人が多く集まるので、刺激を受けられる話、空間がある

・繋がりの提供は、他の施設より積極的。人、技術含めて様々な交流の機会を提供してくれる

・レーザー加工機をはじめ、様々な加工機械が使えるが、”使える”だけでなく、使えるエンジニアが常駐してくれているため、その場でアドバイスやサポートを受けられる

といった点です。

個人的に思っていることですが、弊社の業態やスタンスはDMM make.Akibaを利用する他の会員様とは少し異なるため、活動範囲や扱う情報が異なることも多いのですが(インタビュアーさんも同じように感じられていたことを巻末の『AKIBAから一言』を読んで知りました!)、こちらに身を置くことで、普段はなかなか手に入れられない情報が手に入ったり、異分野の柔軟な発想に触れられたりと、多くの刺激を頂いております。

スタートアップを考えている方に限らず、リーズナブルな価格で作業場所や事務所を設けたい方、試作がしやすい環境に身を置きたい方、新しい情報や考え方が身近にある環境を好む方、意識の高い開発者が隣にいて、日々刺激を受けたい方にはとてもお勧めな空間です!

DMM.Make AKIBA 

独立や業務拡張などで新たににDMM.Make AKIBA に拠点を設ける企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ当社とも交流をはからせてください!

最後に、インタビュー内にはSNSのシェアボタンがございます! ぜひ、≪いいね!の1クリック≫をお願いします!

何とぞ、宜しくお願いします。



ロボット開発・IoTデバイス開発-Piezo Sonic(ピエゾソニック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です