2021.01.18TOPICS

大田区企業立地パンフレットに紹介されました

大田区の企業立地パンフレット『ようこそ ものづくり最先端OTAへ』にて紹介されました。

企業立地のご案内パンフレット
ようこそものづくり最先端OTAへ

ものづくりの大田区

大田区のものづくりの一番の特長は、技術の層が厚く非常にレベルが高いことです。
日本を代表する中小企業の集積地である大田区には、現在約4,200社の製造業事業所が立地しています。
その約8割を機械金属加工分野が占め、精密加工、試作品、特注品などを得意とする基盤技術産業が数多く集まっています。
研究開発や新分野への進出を図る企業や、企業の開発部門が立地するケースも増えていて、大田区は新たなビジネス展開の街として期待が高まっています。

「立地企業へのフォロー体制」というページで紹介されてます

大体こんなことを言っています。

大田区は立地企業へのフォロー体制も充実しています。
国内取引拡大のために、新規顧客の開拓や新たな事業展開のフォローを実施しています。
また、海外取引へのチャレンジに対する支援体制もあります。貿易実務に関する手引きから海外展開に関する相談まで、立地企業の国際化のステップに応じて幅広くサポートを行ってくれています。

我々のようなモノづくり企業を手厚くサポートしてくれる、とてもありがたい区だという事ですね!

そうですね。羽田イノベーションシティもできましたし、今後も連携して大田区のものづくりを広めていきたいですね。

最後に、ここまでご覧いただいた方に問題です

実はインタビュー以外でも多田が掲載されているページがあります。さて、それはどこでしょうか?

1.表紙   2.裏表紙   3.背表紙

答えはぜひ、パンフレットをダウンロードしてご確認ください。

企業立地のご案内パンフレット
ようこそものづくり最先端OTAへ

  • 記事をシェア:

この記事を書いた人

福田 大輔

広報チームマネージャー

大学卒業後、製造業を主とした広告代理店へ入社。様々なモノづくりの現場とものづくり企業のプロモーションを経験した後、WEB広告を主な業務とする広告代理店へ転職。WEBマーケティングを学んだ後、当社へ参加。

お問い合わせ

CENTRAL OFFICE
地図アプリで見る

〒143-0013 東京都大田区大森南 4-6-15
テクノFRONT森ケ崎 505

AKIHABARA OFFICE
地図アプリで見る

〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
富士ソフト秋葉原ビル DMM.make 12F 2505

pagetop