第10回太田区ビジネスプランコンテストの表彰式に参加しました。

BEFORE

AFTER

2月7日(木)大田区産業プラザPiOにて、第10回太田区ビジネスプランコンテストの表彰式が行われました。

ビジネスプラコンテストの詳細はこちら ≫

“よい仕事おこし”賞を受賞のニュースはこちら ≫

弊社の超音波モータが、城南信用金庫様の”よい仕事おこし”賞を受賞しましたので、全社員で表彰式に参加しました。

■表彰式前の展示ブース。

この式典に参加される多くの方に製品を見学していただきました。

■大田区長 松原 忠義 様の開会の挨拶

今回のコンテストには38社の応募があり、弊社をはじめ、7社が名誉ある賞を受賞したのですが、大田区長の松原 忠義 様と、大田区産業振興協会 副理事長の清水 繁 様の挨拶から、審査のポイントは

1 独創性

2 地域貢献性

3 市場分析性

4 採算性・計画性

5 知識・能力

6 熱意

7 表現力

社会的意義が高く、新しい価値を創出する・提案するもので、儲けの仕組み(収益化)が見込まれるものとのことでした。

今回の受賞は、

●最優秀賞

囲碁から始まる、大田区魅力発信事業~アンバサダー作り~ - カフェと囲碁 ひだまり

●大田区長賞

災害時に聴覚障害者の逃げ遅れを防ぐウェアラブルデバイス情報提供サービス - みみより株式会社

●さわやか信用金庫賞(さわやか信用金庫)

災害時に聴覚障害者の逃げ遅れを防ぐウェアラブルデバイス情報提供サービス - みみより株式会社

●”よい仕事おこし”賞(城南信用金庫)

磁場環境用モータを活用したMRI内で利用可能な点滴装置の開発 - 株式会社Piezo Sonic

●心のふれあい賞(共立信用組合)

魔法学校 - パティスリー・パーティー

●日本工学院賞(日本工学院)

モバイルバッテリーシェアリング - オーロラ株式会社

●芝信用金庫賞(芝信用金庫)

囲碁から始まる、大田区魅力発信事業~アンバサダー作り~ - カフェと囲碁 ひだまり

●川崎信用金庫賞(川崎信用金庫)

バルーン(風船)で人と人をつなげよう!~大田区の個店から地域、そして世界へ~ - バルーンショップ MARQUEES

●第一勧信賞(第一勧業信用組合)

「発達障がい者の個性が発揮され楽しく働ける宿泊施設」の開発・運営 - 株式会社The Guest House Japan

受賞者の皆様の業種は様々ですが、共通しているのは、審査のポイントで書いたように、『大田区から新しい価値を発信しよう、大田区の魅力を伝えよう、大田区を盛り上げよう』と言う“想い”を熱く感じさせてくれる企業様、経営者様でした。

■受賞式

弊社にとって、”よい仕事おこし”賞(城南信用金庫様)を受賞できたことは大変名誉なことです。

そして、それ以上に、弊社が新しい価値を創り出し、発信できる会社だと認めてもらえたこと、城南信用金庫様や審査員の皆様から期待をかけていただいていることがなによりも嬉しいです。

■授賞式後の記念プレゼン

「いつも」とは異なる、受講者の方々。

多田はこの1年の間、驚くほどのペースで大人数を前にした説明会やプレゼンを行っているので、この手の発表はだいぶ慣れているのですが、いつもとは明らかに違う会場の雰囲気、いつもとは異なる緊張がこちらにも伝わってきました。

その後、会場を変えた懇親会では、美味しい料理がたくさんあったのですが、多田はひっきりなしに話しかけられて、ひたすら話をしているので、料理を食べる暇はほとんどありませんでした・・・

 

■城南信用金庫 理事長 渡辺 様

この度は、栄誉ある賞をいただきありがとうございました。城南信用金庫様の期待に応えられる様、頑張ります。

 

■みみより株式会社 代表取締役 林田 様

聴覚障害を持つ人が災害時に適切な情報を入手するための、ウェアラブルデバイスを用いた緊急時情報提供システムを開発しているみみより株式会社様。これはもう、なんといってもテーマが素晴らしいですよね!

今回、区長賞とさわやか信用金庫賞をダブル受賞という快挙を成し遂げられていました。おめでとうございます。

■オーロラ株式会社 張琦 様

時折、外出中に起こる、スマホの電池が残り僅か!でも、モバイルバッテリーなんて持ってない・・・どうしよう?という問題を解決する、モバイルバッテリーシェアリングサービスを展開中のオーロラ株式会社様。

日本工学院賞を受賞されました。おめでとうございます。

 

にぎやかだった懇親会も終わり、周りから別れの挨拶が聞こえてくる中、ブースを片付け、展示物を搬出し、会場に戻ると多田がいません。

あれ?どうしたのかな?

やっと食事ができたようです。

 

関係者の方や、受賞者の方とたくさんお話をさせていただき、いろいろなアドバイスやアイディア、そして刺激をいただきました。

改めて超音波モータの製造・出荷にも熱が入ります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。



ロボット開発・IoTデバイス開発-Piezo Sonic(ピエゾソニック)