PRODUCTS

トラクター運用モニタセンサ

農地の定点管理を実現

BEFORE

状況の記録がなかったため、作付面積当たりの収穫高が正確に把握できなかった。

AFTER

トラクターの実運用をサーバに集積し、年単位のデータを把握することで、高収益化をサポートするほか、トラクターの減価償却も把握しやすくなった

お客さまからの要望と解決方法REQUEST & SOLUTIONS

新しいトラクターにはデータを取得できる機能が搭載されていますが、数台〜数十台のトラクターを保有する農家様の場合、1台、2台のデータが取得できただけではあまり意味がありません。
現在稼働しているすべてのトラクターに取り付けられる製品であることが求められました。

また、農家様の要求としてON/OFFをしないというものがありました。
ON/OFFを人が行うことになると、手袋の脱着など、作業の中での手間を増やしてしまうことや、ボタンの押し間違い、押し忘れなどによる、不正確な情報を収集してしまう可能性もでてきます。

そこで、人感センサを搭載し、人が近づいたことでデバイスがスタンバイから復帰、エンジンがかかる初期振動でデータの送信準備が完了、動き始めたことで取得データをサーバに送り始めるという仕様となりました。

開発者コメント

農地で利用するという案件は初めてで、地質、雨風、日照など、対候性については注意する項目が非常に多いというのが特徴的でした。
最新の大型機械が次々と登場するイメージの近代農業ですが、弊社の製品は、従来の機械を最新の設備に変えるお得で便利なパーツです。
この先の農業へ少しでも貢献できたら嬉しいです。
今回は、新しい分野へチャレンジする機会をいただきありがとうございました。

  • 記事をシェア:

CONTACT

CENTRAL OFFICE
地図アプリで見る

〒143-0013 東京都大田区大森南 4-6-15
テクノFRONT森ケ崎 505

AKIHABARA OFFICE
地図アプリで見る

〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
富士ソフト秋葉原ビル DMM.make 12F 2505

pagetop